02 (1)

公共の病院は命の セーフティネッ トである。第2 回定例会3日目の代表 質問で、長田進治議員 ( 海老名市) が神奈川県 の医療・福祉の課題を 訴えた。 県総合リハビリテー ションセンターは、脊 髄損傷や高次脳機能障 害等、民間では対応が 困難な高度・専門的な 医療や医療的ケアを必 要とする障害者への福 祉サービスを提供する 重要な拠点である。既 に開設から約40年が 経過し、施設の老朽化 が著しい事から建て替 えの計画が進められて きた。建て替えに当たっ ては時代のニーズに合った病院機能を充実 させるべく、今年3月 に新棟建設に向けた工 事の入札が事業団に よって行われたが、落 札者がなく不調に終 わっている。 リハビリテーション センターの再整備を確 実に推進するため、現 在再検討中の次の入札 に向けて今回の不調の 原因を踏まえ、事業団 との連携を密にしなが ら早期に着工できるよ う対応すべきである。 県立がんセンターの 重粒子線治療施設(i‐ ROCK)に関しても、 高額な治療費に保険を 適用できるよう国に求 め、民間の先進医療保 険への加入促進など、 パッケージとして患者 負担の軽減に努める事 が公共の役割であると 訴えた。

■長田議員は今定例会で以下の内容について質問を行った。

1 本県経済の活性化について
(1)グローバル戦略の展開について
(2)国際展示場の誘致について
(3)法人の実効税率引下げに伴う本県財政への影響について
2 医療・福祉に関する課題について
(1)県総合リハビリテーションセンターの再整備について
(2)県立がんセンター重粒子線治療施設(i-ROCK)の運営に関する諸課題について
(3)子宮頸ガン予防ワクチンの副反応に対する県の対応について
3 県政の諸課題について
(1)外来生物への対応と動物愛護について
ア 外来植物への対応について
イ 犬の殺処分ゼロについて
ウ ペットショップに対する指導について
(2)魅力ある商店街づくりについて

(質問の詳しい内容と県の答弁は、神奈川県議会のホームページから会議録や動画などでご覧いただけます。【動画】質問の様子はこちらから