01 (1)

オリンピック・パ ラリンピックを 契機に、「神奈 川生まれ」「神奈川育ち」 のトップアスリートの 育成をしなくてはなら ない。第2回定例会1 日目の代表質問で木村 謙蔵議員( 三浦市) が訴 えた。 2020年開催の東 京オリンピック・パラ リンピック競技大会に 向けて、神奈川県では 「五輪のための神奈川ビ ジョン2020推進本 部」を設置し、2 0 2 0年に向けた取組みを 検討し、ビジョンをま とめようとしている。 このビジョン案は大き く2つのパートに分か れており、1つは20 20年に世界に誇れる 神奈川としてどういう 姿を見せるのか、その 為に加速すべき取組は 何かを明らかにするも の、もう1 つは、大会 を盛り上げる為にどの ような事に取り組むの かを示すもので、事前 キャンプの誘致やス ポーツ、観光振興、世 界の人々を迎えるため の人づくり等を掲げている。県のこうした取り組みが一過性のものではなく、長期にわたって効果が及ぶものにしなければならないとし、神奈川で生まれ育ったトップアスリートたちが活躍し、県民のスポーツ参画推進につなげなくてはならないと訴えた。東京のナショナルトレーニングセンターで対応できない、自転車やセーリングなどの競技を神奈川に誘致する横須賀市の取り組みにも、関連団体と県が一丸となって取り組んでいく事が必要だ。■木村議員は今定例会で以下の内容について質問を行った。

1 県政課題に対する知事の基本姿勢について
(1)知事の米国訪問について
(2)2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会に向けた取組について
ア 大会に向けた取組の方向性について
イ トップアスリートの育成とナショナルトレーニングセンターの誘致について
(3)神奈川デスティネーションキャンペーンについて
(4)教育委員会制度の改正について
2 県経済の活性化について
(1)国家戦略特区について
(2)ライフイノベーションセンターの整備について
(3)さがみロボット産業特区について
(4)横浜銀行バンコク駐在員事務所への職員派遣について
3 医療福祉施策について
(1)子ども・子育て支援新制度への移行について
(2)産科医不足問題について
(3)医療・介護サービスの提供体制改革のための新たな財政支援制度について
(4)横浜市立大学との連携強化について
4 県政の重要課題について
(1)居所不明児童への対応について
(2)新たな観光の核づくりについて
(3)県立高校改革の中でのグローバル人材の育成と伝統文化の教育のあり方について
(4)犯罪抑止に向けた取組について

(質問の詳しい内容と県の答弁は、神奈川県議会のホームページから会議録や動画などでご覧いただけます。【動画】質問の様子はこちらから