H25.6.19河本掲載用.JPG

 

・*:..。o○☆*゜¨゜゜ 河本 文雄 議員(相模原市中央区)・*:..。o○☆*゜¨゜゜

◆新鮮な畜産物を守る

 県内における牛乳や豚肉、鶏卵などの畜産農家が減少している問題について、河本文雄議員は6月19日の本会議一般質問で知事に対策を求めた。県内に408戸の畜産農家を持つ畜産業は、県内農業産出額の約2割を占め、野菜に次ぐ主要な産業だが近年は生産量が大幅に減少している。黒岩祐治知事はこの問題に対し、畜産農家が消費者に近い都市部に位置する神奈川ならではの利点を生かし、PR活動や流通・販売ルートの拡大などの支援を行っていく対策を示した。

河本議員は今定例会で以下の内容について一般質問を行った。

  • 社会生活を営む上で困難を抱える子ども・若者への支援
  • 県内畜産業の課題と今後の取組の方向性
  • 障害者虐待防止法
  • 第2期かながわ工賃アップ推進プラン
  • 高等学校における食育
  • 新しい公立高校入学者選抜制度

(質問の詳しい内容と県の答弁は、神奈川県議会のホームページから会議録や動画などでご覧いただけます。【動画】質問の様子はこちらから